2019年10月1日火曜日

あなゼミの授業紹介③(馬場の理科)

こんにちは。

本日はあなゼミの授業紹介第3弾です。

皆さんお待ちかね馬場先生の理科です。



学年によって答えが微妙に変わったり、覚えることが多い分野と計算や作図が複雑な分野があるため、なかなか安定した点数が取りにくいと悩んでいる人が多い理科。

そんなみなさんにおすすめの授業が『馬場先生の理科』です!

小中学生の頃は理科の学者になることが夢で、毎年取り組んでいた自由研究では市の代表に2回も選ばれるほど理科が大好きだったという馬場先生。大学院では宇宙線物理学を専攻し、海外の研究所での研究経験もあるそうですよ。

中3生を対象とした専任教室の理科授業では、生徒がつまづき易いポイントを「根本原理」と「必殺技」の両面から解説するスタイルが好評。

「BTB溶液の『B』はッ!!」
「電解質と『曲がるぜ鉄道』ッ!!」
「芋虫に茎をかじられる双子葉類の気持ちになれッ!!」
「本当は○○なんだけど、中学生はこう答えなきゃダメッ!!」


今週も教室から『馬場節』と生徒の笑い声が響いてきます。



また、受講者だけに伝授される「テスト出題予想」は的中率が高く毎年数多くの逆転合格者を生み出しています。

一昨年 大盛況だった『馬場の実験教室』も行われるかも!?



ぐんぐん成績が上がる『馬場先生の理科』。小中学生の全分野と高校物理が対象です。興味のある方は、ぜひ一度体験に来てみてください。




★現在学期授業のお申し込みを受付中です。
★授業
のご予約・ご相談、資料請求は、下記リンクもしくはお電話にて






高松本校のHPはこちらから

無料体験授業のご予約はこちらから

★★★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★★★

 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。