2019年3月15日金曜日

公立高校受験無事終了!!

こんにちは。

先日、2019年度公立高校一般選抜入試が行われ、県下で約6,000名の中3生が新たな一歩を刻むべく試験に挑みました。幸い、天気にも恵まれ、受験生たちは懸命に自分の実力を答案にぶつけたことでしょう。本当にお疲れさまでした。3月20日までは半分スッキリ、半分ドキドキといったところでしょうか?後は天命が下されるのを待つのみ。どんな結果が訪れようとも、胸を張って次のステップに進んでほしいですね。

さて、今年度の入試問題ですが、各教科とも細かな難易度のバラつきはあるものの、出題傾向など概ね例年並みであったようです。

そんな中、あなゼミで学んだ塾生たちは気づいたと思いますが国語の古文の問題を見事的中させました!(拍手!!!)出典は大田南畝「仮名世説」でしたが、なんとまったく同じ文章を2ヶ月前に宿題で渡していました!

真面目に解いていれば、確実に8点GET!これは大きなアドバンテージになったことでしょう。コツコツ頑張っていれば、このようにささやかではあるけれどもいいプレゼントを手に入れることができるということの良い証明になりましたね。

 来年以降、高校進学を目指す中学生の皆さんも、先を見据え、今できること、これからやるべきことを自分自身でしっかり考え、向上心を持って日々の学習に取り組んでほしいと思います。そして、春休みは新学年の良いスタートを切るべく課題を見つけて即行動に移していきましょう!



3月開校スケジュールはこちらから


★現在春期講習・新年度授業のお申し込みを受付中です。
★講習会・授業
のご予約・ご相談、資料請求は、下記リンクもしくはお電話にて

 高松本校のHPはこちらから

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。