2017年12月22日金曜日

冬期講習が始まります

いよいよ12/23(土)から「あなゼミの冬期講習」が開始されます。
直近のスケジュールについてお知らせします。


★講習開始日時について★

<専任教室>
 中3生全員 12/23(土)14:20~
 中2生全員 12/23(土)18:10~
 中1パーフェクト生 12/23(土)17:50~
 中1スタンダード生 12/25(月)18:10~

<マイスタディ>
 Ⅰ期選択者 12/23(土)各自指定時間~
 Ⅱ期選択者 12/25(月)各自指定時間~

<速読>
 Ⅰ期選択者 12/23(土)各自指定時間~
 Ⅱ期選択者 12/25(月)各自指定時間~



★休校日について★

 12/24(日)
 12/30(土)~1/3(水)
 1/8(月)
 は、それぞれ休校日となります。
 自習目的での校舎利用もできません。

正月セミナ-参加の中3生と小6生は1/2と1/3も授業があります。



★3学期開始日について★

 1/9(火)より新学期授業開始となります。
 各自の選択コース予定にしたがって出席してください。



★ご注意★

冬期講習中は21:30には校舎を閉めるため、それ以後の居残り学習はできません
だらだらと過ごさずに、集中して学習に取り組みましょう。
また、欠席や遅刻するときは、必ず校舎に連絡を入れてくださいね。



12月のスケジュールはこちらから


 


  お し ら せ     


★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
下記リンクもしくはお電話にて

 冬期講習の詳細はこちらから
 無料体験授業のご予約はこちらから

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月20日水曜日

正月セミナーの「お弁当」選挙結果発表!!



いよいよ、あなゼミでは冬期講習が12/23(土)から始まります。
ますます寒さが厳しくなってきていますので、体調を整えて元気に参加してくださいね。



さて、冬期講習の中のビッグイベントといえば『お正月セミナー』ですよね!

正月セミナーは、あなゼミで30年以上続く伝統行事です。毎年、中3・小6生を対象に、1月2日、3日に実施しています。「お正月から勉強?」と思う人もいるかもしれませんが、このセミナーに参加した人は毎年圧倒的な成果を残しています。とにかく受験生にとっては超重要なイベントの1つなのです。

そんな正月セミナーの楽しみと言えば、お弁当です。2日間ともお弁当が用意されますが、そのお弁当の中身はセミナーに参加する生徒みなさんの投票によって決定されています。


さて、
先日そのお弁当の投票が行われましたので
結果を発表します!


今年エントリーされたのは
 M先生推薦『チキン南蛮弁当』
 B先生推薦『チキン竜田弁当』
 Y先生推薦『焼肉弁当』
 T先生推薦『ハンバーグ弁当』
 F先生推薦『生姜焼き弁当』

の5つでした。

生徒の皆さんには5つのお弁当の中から2つを選んでもらい、合計の投票数上位2位のお弁当が栄えあるお正月セミナーの弁当に選ばれました。

M先生は自信満々で『チキン南蛮弁当』が選ばれると意気揚々♪
Y先生は授業で「わかっとるやろなー」の一言・・・(半強制?)


そして、その結果は・・・
 第1位 『チキン竜田弁当』
 第2位 『焼肉弁当』

でした!!!

M先生の『チキン南蛮弁当』は1ポイント差で第3位・・・相当悔しがっていました。

ちなみにこのブログを書いている私Fの『生姜焼き弁当』は単独最下位・・・
ひそかにショックを受けてます(笑)来年こそはもっとアピールしてぜひとも当選を。。。


 (追記)

ちなみにここだけの話、今年は、「その食事風景があまりにも幸せそう」なため「食べる姿を写真に撮って載せるだけで全ての投票をかっさらう、無敵のX先生」が出馬していかったため1位から3位が混戦になりました。
来年は出るとか出ないとか。。。これは・・・Y先生危うし!?





12月のスケジュールはこちらから


 


  お し ら せ     


★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
下記リンクもしくはお電話にて

 冬期講習の詳細はこちらから
 無料体験授業のご予約はこちらから

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月19日火曜日

冬期講習開始まであとわずかです



先週の土曜日で2学期授業が終了し、まもなく冬期講習期間となります。
それでは、今週の予定についてお知らせします。

<全学年共通>
12/19(火)~12/22(金)は2学期復習期間です。
通常授業はありませんが13:30~22:00の間は校舎を開けていますので
自習目的での校舎利用が可能です。


※補習・振替などで別途指示があった生徒は指定時間に出席してください。

<小1~小6生>
12/19(火)は冬期学力テスト実施日です。
 小1小2生 17:35~18:55
 小3小4生 17:35~19:15
 小5小6生A 17:00~20:15
 小5小6生B 17:00~20:35

<中1~中2生>
12/20(水)は冬期学力テスト実施日です。
 中1中2生 18:20~22:05

<冬期講習について>
12/23(土)から冬期講習期間となります。
参加コースによりスケジュールが異なりますので、事前に配布されたフォローシート(日程表)を参考にしてください。

<あなゼミ生以外の方へ>
現在、小1~高3生を対象として冬期講習受講生を募集しております。


冬期講習に関するご予約・お問合せは
ご来校・お電話・WEBいずれでも結構です。
ぜひこの機会にあなゼミの冬期講習をご検討ください。
なお、12/19~12/22の受付可能時間帯は、13:00~22:00となっております。




12月のスケジュールはこちらから


 


  お し ら せ   


★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
下記リンクもしくはお電話にて

 冬期講習の詳細はこちらから
 無料体験授業のご予約はこちらから

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月14日木曜日

ふたご座流星群を撮りました♪

みなさん、こんにちは。

『理科実験大好き講師』の「B」です♪


昨夜から今朝未明にかけては、「ふたご座流星群」(Geminids)の極大日でしたね。
(※今年のふたご座流星群は、今日の16:00頃が極大ですが、あいにく日本は昼間なので前日の夜がチャンスでした。)

皆さんは、流れ星見えましたか??

「えー。寒すぎて、流星どころではなかったよぉ」

という皆さんに代わって、私「B」が撮影に挑戦しました。


★本日の『装備』はこんな感じ


さて、撮影機材はこんな感じです。


※赤道儀(と呼ばれる特殊な三脚)にデジタル一眼レフを2台積みました。


いつもは「すんごい」装備で天体観測に臨むのですが、昨夜は平日ですし、むちゃくちゃ寒かったので、『超』軽装備。また、星空のきれいな場所まで遠征する時間もないので、自宅のお庭で我慢。




★市街地なので写りは悪いですが・・・


周りの外灯の明かりなどを拾うので、あんまり条件は悪いですが、こんな感じで流れ星が写ります。


 ※画像右上に明るい流星が写っていますね♪

さらに、「比較明コンポジット」という技法を用いて、もっとも写りが良かった3コマの画像を重ねると


※左に写っている「薄くて長いヤツ」は流星ではなく人工衛星です。

どうです?
なかなかキレイに写せたと思いませんか??



★流星写真が難しいと言われている真の理由


流星写真は比較的簡単なので、デジカメさえあれば誰でも写せますが、初心者の方はたいてい次のような失敗をしがちです。

<例>(あくまで『例え話』です)

新しいデジカメを買った、Fくんが、流星群を撮りに出かけました。
ところが・・・・

さっそく東の空を撮影していると、南の空に流星が飛ぶ。
  ↓
「しまった、南の空の方が良く飛ぶんかー」
・・・で、カメラを南の空に向ける。
  ↓
今度は真上に流星が飛ぶ。
  ↓
「ちがう。真上に向けた方が得策やんか!」
・・・で、カメラを真上に向ける。
  ↓
今度は東の空に大流星が飛ぶ。
「・・・・もうイヤ。流星なんて二度と撮らん!!」

はい。
実際には流星はすべての方位に(確率的には)まんべんなく飛ぶので、「有利な方向」なんてもの
自体が存在しないのですね。
だから、先ほどのFくんの例なら、途中であちこちカメラの向きを変えずに、腰を据えて1点のみを撮影し続けるべきだったのですよー。


★・・・で、結局何が言いたいのかというと


皆さんの中にこんな子はいませんかー?
手持ちのテキストが完了していないのに、良さげな問題集を次々と見つけては途中で乗り換えていって、結局、すべての問題集が「前半しかやっていない」などという・・・・・。

勉強している割になかなか成績が上がらないという子は、一度手持ちの教材を「ボロボロになるまで」使い倒してみることを(B個人としては)オススメします。

混乱した子、何やっていいか分からなくなった子は、相談にカモーン!です♪

                                          By 「B」せんせ





12月のスケジュールはこちらから


 

  お し ら せ   

 

 

★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
   下記リンクもしくはお電話にて
 

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月12日火曜日

〔中学生対象〕3学期各種対策授業のご案内


今年も残すところ20日足らずとなりました。
お知らせしているとおり、あなゼミ高松本校の通常授業は12/16(土)で終了し、12/23(土)から冬期講習となります。
冷え込む日が続いていますので、特に受験生の皆さんは体調管理に気をつけてくださいね。
さて本日は、3学期に開講される中学生対象の各種対策授業についてお知らせします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★中1中2生対象「学習の診断対策講座」のご案内


来年2月14日に行われる「学習の診断」に向けた対策を実施します。


①「恒例!診断マラソン」

強化したい科目を選択し、家庭で演習するプリントを4週間にわたって配布します。
1週ごとに進捗具合を先生がチェック。計画通り進んでいない場合はそこでリタイアとなるまさにマラソンなみの長丁場です。最後まで完走した先には、確実なレベルアップが待っています!
期間:1月9日(火)~2月10日(土)
※事前に提出曜日を設定します。


②「香川県統一模試」

県下の主要な塾にて実施される「学習の診断」の模擬テストです。
日程:1月13日(土)9:00~15:00


③「診断対策直前セミナー」

診断本番に向け、頻出問題の演習で最後の確認を行います。各教科「あと3点」を合言葉に、
苦手単元、強化テーマの潰しこみを是非ここでやっておきましょう。
日程:2月11日(日)①9:00~12:50 ②14:00~17:50
 4時間コース:上記①または②より選択
 8時間コース:①②両方とも


※演習教科は4時間コースがは2教科まで選択,8時間コースは4教科まで選択できます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★中3生対象「入試直前対策講座」のご案内



あなゼミの「入試直前対策講座」は徹底した実戦形式。
専任教室,マイスタディともにテスト形式を取り入れます。専任教室では「問題を解く時間」「解説の時間」を十分に確保し,テストに頻出の要点をわかりやすく指導いたします。
また,入試本番で活かせる得点向上テクニックもしっかり伝授。合格の2文字をグッと手繰り寄せます。マイスタディでは,教科を絞って効率的・効果的な対策を行いますので,入試に対応できる実戦力が確実に身につきます。予想問題などの演習を何度も行い,万全の状態で入試に突入します。


期間:1月9日(火)~3月3日(土)
専任教室:5教科(国数社英理)
火(数学)・木(英語)(各110分)・土(国理社)(各90分)
※土曜日のみの選択アリ
マイスタディ:1教科につき1回90分(全8回)
※曜日・時間帯は相談のうえ決定します


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




あなゼミ生は、現在参加コースの確認中です。
お申込がまだの方はお急ぎください。




12月のスケジュールはこちらから


 

  お し ら せ   

 

 

★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
   下記リンクもしくはお電話にて
 

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月8日金曜日

『忖度』の使い方


※生徒諸君の熱い希望に応えて、高松本校の先生達が『面白い話や為になる話』を不定期につぶやきます。今回は、生徒アンケートで雑学チャンピオンに認定された、高松本校のY先生のつぶやきをお届けします。


----------------------------------------


 先日、今年の流行語が発表され、大賞に『インスタ映え』と『忖度(そんたく)』が選ばれました。みんなもよく耳にした言葉なので印象深いと思います。特に、『忖度』という語は、話題になったことで初めて知った人も多いのではないでしょうか。せっかくの機会なので、この『忖度』という語の使い方について、私なりの解釈ですがお話ししようと思います


 そもそも『忖度』とは、「他人の気持ちを推し量ること」という意味ですが、いざ使おうとすると、どんなときにどういう状況で使用すればいいのか?なかなかピンと来ませんよね?
世間に広まるきっかけとなった国会審議でのケースは、ある行為が、自分の上司(この場合は総理大臣である安倍首相)の気持ちを慮って行動したのではないか?との疑惑が持たれたというシチュエーションでの登場だったわけですが、みなさんにはそもそも上司といえる人はいませんよね?
 でも実は、他にもいろいろな状況で用いることが可能なのです。


例えば、『家庭の中で家族に対して』


親しき仲にも礼儀あり。
毎日、生活を共にしている家族にこそ『忖度』は不可欠です。
キミたちのお母さんは、家族一人ひとりのことを『忖度』して夕食のメニューを考えているのです。日頃の感謝の気持ちを口にするのは恥ずかしくても、行動で示してみてはどうでしょうか?


 また、あなゼミに通塾させてもらっていることの意味も『忖度』すれば、自ずと自分が今やるべきこと、これからどういう気持ちで勉強と向き合っていくべきかということが見えてくると思います。


 巷を賑わすさまざまな情報にアンテナを張り、このようにして「自分の糧にしていく」ことで、より視野が広がり、自分にとってより豊かな生活を送れることに繋がると思いませんか?


                                              by  Y






12月のスケジュールはこちらから


 

  お し ら せ   

 

 

★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
   下記リンクもしくはお電話にて
 

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月5日火曜日

「理科実験教室」大成功!!

★12月3日(日)に理科実験教室を開催しました

あなゼミが誇る「実験大好き講師」馬場先生が12/3に「放射線を目で見よう!」と題し、高松本校で公開理科実験教室を開講しました。

本来小5~中3が対象でしたが、保護者や兄弟付き添いという条件で小3・小4生も参加してくれました。


★まずは、放射線の基礎知識を学びます


中3の理科教科書にも載っているけれど間違いやすい用語について、正しい意味を講義。
高エネルギー宇宙線物理学が専門なだけあって、講義にも熱が入ります。


みんなメモをとりながら真剣に聞いてます。


★いよいよ実験装置を生徒たちで組み立てます


馬場先生が考案した「あなゼミオリジナル霧箱装置」を、5人ずつの班に分かれて実際に作成しました。実験助手の先生方(三木先生・竹下先生・藤田先生)は、生徒の作業が正しくできているかをチェックして、的確にアドバイス。

どの班も生徒同士でよく協力して大変上手に作成できました。





全グループの装置が完成したところで、馬場先生から注意事項の説明を受けて、いよいよ実験開始です!


★お待ちかねの実験開始!!


これ、実験に参加した皆さんは「ああ、アレだっ!!」とすぐに分かりますね?!
はい。『第①関門』を通過した瞬間の状態ですね。
このように第①~第④までの関門を順次突破しながら、条件がそろうのを待ちます。


第②関門突破の準備中の様子。各種注意事項がバッチリ守られていますね!


全グループが最終関門を突破したのを確認して、消灯。
いよいよ待望の放射線が実験装置の中を飛び交う瞬間がやってきました。







「と、飛んだー!!」
「きゃぁ。見えたー!!」
「ああっ!今のは普通のじゃなくて宇宙線だっ!!」

あちこちから歓声が湧き上がり、会場はまさに興奮の坩堝(るつぼ)に。



最後に、馬場先生が、ガイガーミュラー計数管(ガイガーカウンター)を用いた放射性物質の測定試演と安全のための注意事項を講義。

「君たちのおかげで、小学生から中学生までが自力で自然放射線を見るという画期的な実験を成功させることができました。これは『快挙』です!」

とのコメントを聞くや、教室全体が割れんばかりの拍手に覆われました。

「最近の子供たちは理科離れが激しい」といわれて久しいですが、なんのなんの。

あなゼミの生徒諸君、なかなかやるじゃないか!!

 


12月のスケジュールはこちらから


 

  お し ら せ   

 

 

★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
   下記リンクもしくはお電話にて
 

★★★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年12月1日金曜日

12/3(日)は「理科実験教室」開講日です!

★12/3(日)は、理科実験教室開講日です

いよいよ、待ちに待ったスペシャル企画

あなゼミ冬の理科実験教室:『放射線を目で見よう』

が開講されます。

では、参加予定の皆様に最終連絡です♪

**************************************
★日時:12/3(日) AM10:00~12:00
    ※受付:9:30~10:00
★場所:穴吹進学ゼミナール高松本校3階・6番&5番教室
★内容:クラウドチェンバーをみんなで自作して
    身の回りを飛び交う放射線と宇宙線を観察する。
★講師:馬場先生
★実験助手:三木先生&竹下先生&藤田先生
★持参物:筆記用具 + ハサミ(重要!)
     ※同伴の保護者の方はハサミ不要です。
**************************************

普段は絶対に目にすることができない放射線を目で見ることに挑戦する、この実験、
その原理自体は専門家の間ではよく知られていて、実際に中3の教科書にも装置の一例が載っていますよね?(中3生諸君、これ一応高校入試の出題範囲内の事項なんだぞ~。)
ところが、実は「いざ実践してみると『超』難しい」ことでも有名

 容器の最適な材質は?
 ドライアイスの形状は?
 容器の最適なサイズは?
 最適なエタノールの量は?
 容器の上下での必要温度差は?
 容器のどこにエタノールをしみこませる?
 どのようにして容器内の気密性を保つ?
 どのようにして不要な帯電粒子(イオン)を除去する?
 遮光板の配置はどうする?
 照明の当て方はどのように?
 フィルム上の結露を回避する方法は?
 失敗を防ぐためのチェックポイント(関門)は?

これらの条件を全てクリアしないと自然放射線は観察できません
要するに、専門家の指導の元で実験しないと意外に難敵なのですよー。

でも、大丈夫。安心してください。

今回は、高エネルギー宇宙線物理学を専門とする馬場先生が、数え切れないほどの試作を通じて編み出した「マル秘・実験マニュアル」を元にノウハウを伝授します。
しかも、すでにその手法をマスターしたあなゼミの先生達「実験助手」として当日の皆さんを強力にサポート


あとは、皆さんの「やる気」が加われば、
もう、99.99%成功間違いなしです♪

さあ、「クラウドチェンバー」を上手に作成して、放射線の世界を、楽しく安全に探検しましょう!!






  お し ら せ   


★現在「冬期講習受講生」および「通常授業の無料体験」を受付中です。
★入塾に関するご相談・無料体験授業のご予約・資料請求は、
   下記リンクもしくはお電話にて
 冬期講習の詳細はこちらから
 無料体験授業のご予約はこちらから

★★★ お電話でのお問合せ・ご相談は ★★★
 穴吹進学ゼミナール 高松本校
 校舎直通電話:087-835-0303
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★